Home > スポンサー広告 > Google+がやってきたからSNSについて吐き捨てとく

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://chuan1kou3.blog27.fc2.com/tb.php/133-9ef1a009
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 蟄居屏息

Home > スポンサー広告 > Google+がやってきたからSNSについて吐き捨てとく

Home > 未分類 > Google+がやってきたからSNSについて吐き捨てとく

Google+がやってきたからSNSについて吐き捨てとく

  • Posted by: チャンコ
  • 2011-07-12 Tue 00:51:20
  • 未分類
Google+がやってきた。
さすがFacebookキラーと呼ばれるだけあって、
Facebookを意識した機能が充実している。
サークルなる概念を如何にユーザーになじませるかが今後の鍵になるだろう。

さて、Google+、Twitter、Facebook、Tumblr、mixi……などなど。
いろいろなSNSメディアがあるけど、
「SNSに疲れた」
なる現象を回避しなければSNSメディアを長く使用することはできない。

メディアというのは「メディアそのもの+コミュニティ」で形成されている。
あるコミュニティにおける情報が、メディア(媒介)を通じてやりとりされる。
これはテレビやラジオ、雑誌といったマスメディアでは想像しにくいだろうが
インターネット諸メディアを例にしてみると理解しやすい。
(もちろんマスメディアでも「メディアそのもの+コミュニティ」図式は成立する)

「SNSに疲れた」とはどういうことなのか。
SNSの情報をやりとりする機構に疲れたなんてことはありえない。
『Twitterで他人に話しかけるときに「@+ユーザー名」を打ち込むのが嫌になったんですよー』という人は稀だし、
『Facebookでストリームにファンページの情報を流すのにlikeボタンを押すのがキライ』という人もレアだ。
(かくいうチャンコはlikeボタンが気持ち悪くてしょうがないんだけど)
疲れのもとはメディアサイドにではなく、コミュニティサイドに得てして存在する。

たとえ新しいSNSが現れても、
その腐敗した(してしまった)コミュニティを継続させてしまえば
同じことが発生するだけなのである。
新しいSNSに飛びつく前に、
自身のコミュニティの管理を見直す時間を作ってはいかがだろうか?
交流する人間の取捨選択が極めて重要視される世の中になるだろう。


↓↓↓↓クリックしてください!↓↓↓↓

東大生ブログランキング

↑↑↑↑クリックありがとです!↑↑↑↑



スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://chuan1kou3.blog27.fc2.com/tb.php/133-9ef1a009
Listed below are links to weblogs that reference
Google+がやってきたからSNSについて吐き捨てとく from 蟄居屏息

Home > 未分類 > Google+がやってきたからSNSについて吐き捨てとく

タグクラウド
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。