Home > スポンサー広告 > 【Twitter登録2周年記念特別企画】とあるTwitter廃人の回想・後編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

lemp3 URL 2010-08-27 Fri 06:21:15

面白かった。
Twitterをやっているネットの向こう側の人を愛せるし絡んでいけるC氏はすごいと思う。人気者の風格っていうの?

あと誕生日おめでとうございます。

ロン URL 2010-08-27 Fri 13:15:14

そう言えば最近、垢banする人が増えてきたかも・・

あ!誕生日おめでとう!!w

チャンコ URL 2010-08-29 Sun 19:36:07

> 面白かった。

ほんとか……?

> Twitterをやっているネットの向こう側の人を愛せるし絡んでいけるC氏はすごいと思う。人気者の風格っていうの?

人気あったらTwitterだけでご飯食べていきたいくらいですよまったくもう

> あと誕生日おめでとうございます。
うん////ありがとー///

チャンコ URL 2010-08-29 Sun 19:36:52

> そう言えば最近、垢banする人が増えてきたかも・・

アカウントがbanされるとき、常にチャンコの影が……
なんてことないですから!
やってないですから!

> あ!誕生日おめでとう!!w
ありがとうございます><
ちなみに本当の誕生日は12月だからねっ///祝えよ///

長谷川守(@utasHM) URL 2010-08-30 Mon 01:16:07

アカウント削除はまさにドラマティックでした。ショックでした。
でも、いつか戻ってきてくれるって、信じてるからっ////////

チャンコ URL 2010-09-04 Sat 00:30:15

> アカウント削除はまさにドラマティックでした。ショックでした。
> でも、いつか戻ってきてくれるって、信じてるからっ////////
恥ずかしい///////

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://chuan1kou3.blog27.fc2.com/tb.php/53-e9e7c19f
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 蟄居屏息

Home > スポンサー広告 > 【Twitter登録2周年記念特別企画】とあるTwitter廃人の回想・後編

Home > Twitter > 【Twitter登録2周年記念特別企画】とあるTwitter廃人の回想・後編

【Twitter登録2周年記念特別企画】とあるTwitter廃人の回想・後編

  • Posted by: チャンコ
  • 2010-08-27 Fri 01:58:06
  • Twitter
C氏のTwitterでの半生をお届けした前編。
→(http://chuan1kou3.blog27.fc2.com/blog-entry-52.html)
打って変わって今回は、
アカウント削除から最近のボットからのつぶやき問題に関して鋭く斬り込んでいきたい。
引き続き、とあるTwitter廃人の回想・後編をお楽しみください。


↓↓↓↓クリックお願いします!↓↓↓↓

東大生ブログランキング

↑↑↑↑クリックありがとです!↑↑↑↑
――Twitterをこれまで9か月ほどやってきて、印象に残っていることを教えてください。
「うーーーん、全部(笑)
ダメですか、そうですかー。
全部ってことはすなわち印象に残ってることない、ってことですもんねー。
相対的に突出してることなー。何だろうー。
……Twitterってこう、ドカーンと面白いことがあるわけじゃなくって、なーなーな感じのつながりが面白いわけなんですよ。
細々としたひとつひとつの事例をあげていったら、正直キリがないです。
人恋しかったのもあるのかなぁ……
あとアレだ、『どんなにキモメンでもどんなにブサメンでもイケメンイケジョが絡んでくれる。そう、Twitterならね!』という
過去に私がしたつぶやきにTwitterの全てが含まれているような気がします。
Twitterでなければ知り合うこともできない、
現実世界では相手にさえされないような方々に絡んでいただけたのはすごく嬉しいです。
現実世界ではすれ違っただけで舌打ちとか睨まれたりとかされると思います。
クソ人間ですもん。
常に蔑まれてます。
クソです。

どんなにキモメンでも絡んでくれる
@対談中に話に挙がった2010年5月17日のつぶやき


他にはオフ会なんかも印象に残っていますけど、やりすぎは厳禁かなぁ……と思いますね。
色々な人と会うのならいいのですが、同じ人と会うことが常態となったら、
それはTwitterによる面白さではない、そこから派生した・独立した面白さだという認識です。
現実とネットの極端な融合は……酔っちゃいます。私のような人間にとっては、酔っちゃいますね(笑)
そんなにオフしていない方だと私は自認しているんですけどね~。
あと、私なんかに会いたいなんて言ってくださる方がいらっしゃるのは、それは非常に嬉しいことですけどね。
そんな人には根負けして会っちゃったことありましたけど(笑)」


――それでは、そこまで楽しかったTwitter生活を自ら断つこととなってしまわれた原因はどこにあるのでしょうか。お話に挙がったオフ会、5月祭でのオフで何かトラブルがあったのではないか、という声もありますが。
「どこにそんな声があがっているんですか(笑)ないです、ないです、なにもないですって(笑)
そもそも、5月祭でのオフ会を行う、と発表したときに既に削除のことを考えていたんですよね。
確か……5月の頭くらいに企画内容を公表していたと思います。
消える直前にまだお会いさせて頂けてなかった人にオフ会でお会いしよう、と。
徹底的に逃げるぜ!的な雰囲気を出してましたが、ガンガンに会うつもりでしたし。
自分の中では良い演出だったなと胸を張ってます(笑)
予想外に人がいらしていたので収拾がつきませんでしたけど。
そしてオフの直後にアカウント削除すればドラマティックだなーと。
首相が変わった直後に解散総選挙に打って出る時の構図に似てません?ません?
なぜ削除か。まーこれがだらしないんですよ、私は。暇さえあれば(TL)見ちゃうんで。つぶやいちゃうんで。
あのアカウントはこれから先、足枷になりうるなと、カンが働いたんですね。ブログにも記載しておいた通りです。
就職活動があるので、という名目でしたが、それ以外にも奪われていた時間を取り戻すためには必要な措置でした。
Ustやねとらじなど機材の準備は進めていたのですが、やらずじまいになっちゃって心残りはあるっちゃありますが。
いや、削除した後もときどきやってますけどっていうのは秘密。
お会いしたい方もまだまだたくさんいますしね~。」


――削除する瞬間、削除した直後どんな気持ちでしたか。
「私らしくなく、なぜかウルウルきてしまいましたよ…………
これには私自身が一番びっくりしています(笑)
削除前には関係各サイトの注意事項を熟読していました。
@や自分の名前抽出タブなんかは、見てしまうと心が動かされて削除を中止してしまうと思ったので見ませんでした。
削除ボタンを押したあとは、ただ虚空を見上げるばかりでした……
しばらく何も手につかなかったのは事実ですね。
放心状態。
それまでつけていたTweenを更新しても、もうつぶやきが流れてこない、あの感じ
もう二度と味わいたくないですね……。」

削除画面
アカウント削除画面。ユーザー名を再び使用したい場合に関しての注意事項がボールド体で示されている


――Twitterから離れて、どのように生活が変わりましたか。
「おかげさまで、とにかく時間がありあまり過ぎてやばかったです。
6月の頭あたりには時間の使い方がよく分からなかったですもん(笑)
7月の試験にむけて順調に対策をしていくことが出来ました。
積んでいたゲームも、マリオギャラクシー2やらメタルギアソリッドピースウォーカーやら、こなせましたね。
完全に終わったわけじゃないですが。
エントリーシートもTwitterが存在していたら書けなかったでしょうね。
ただ、Twitterという吐き出し口がなくなってしまったのでたまっていくものも多かった。
ストレス解消手段として再びゲームが浮上したわけです。
寂しい人間でしょ!ううっ……

スーパーマリオギャラクシー 2(「はじめてのスーパーマリオギャラクシー 2」同梱)スーパーマリオギャラクシー 2(「はじめてのスーパーマリオギャラクシー 2」同梱)
(2010/05/27)
Nintendo Wii

商品詳細を見る

自由に時間が使えるようになったこと以外では、強く感じたのは……情報弱者になったことですね。
普段クソくだらないつぶやきしかしていない方でも、
大きなニュースがあったときにはそれに関してつぶやくし、すぐにそれをネタポストとして応用を利かせる。
時間が経ってTLの方々が情報を噛み砕いた後に、ネタポストをして楽しんでいるころに
私はその情報を初めて知る、なんてことが多々ありました。
あと全然関係ないですが2010年に入って始めた友人に
自分が知らないことを教えられたときにはイラッイラ来ましたね(笑)」


――以前の削除なさったアカウントについて、現在そのIDのアカウントが存在しており、本人なのではないかとの声もありますが、真偽のほどを教えてください。
「あのアカウントは私のものではありませんよ。
他の誰かが、私が削除した後に新規取得もしくはID変更での取得をされたのだと思います。
まさかあのIDが取られるとは思ってもいなかったので、正直迷惑してました。
まぁ手放した時点で自分の所有権なくなるので、
そのIDを誰かが取得することは問題ないし、私がとやかく言うのはお門違いなんですけどね。

偽チャンコkakou
@C氏が以前使用していたアカウント。現在では約20名ほどのフォロワーがいるが、依然沈黙を保ったままである


迷惑してました、と過去形なのは、
最近になって分かったことなんですけど、
再びあのアカウントでつぶやき始めてしまうと
それまでのついログが全て消えてしまうみたいだからなんですよね……。
完全に調査ミスでしたねぇ。削除直前に熟読出来てなかったってことですよねぇ。
ですのであのアカウントにこだわることはもう辞めにしました。
ついろぐを残すためにあのアカウントを取得して、
今度は誰も取得できないようにID変更をしないで『削除』をしたい、というのはありますけどね。
近いうちに今もっている全てのアカウントを使って、
ブロック若しくはスパム報告を一斉に行ってアカウントban狙います(笑)
あ、冗談ですよ?(笑)
そうそう、Twitterを利用するついろぐや、Togetterのようなサービスの弱点はこのあたりにあると思いますね。
Twitterアカウント削除をおこなってしまうと、管理が不可能になってしまう。
ついろぐはともかく、Togetterは他者のつぶやきもまとめてトゥギャってしまうサービスのため、
現時点で私がトゥギャったつぶやきまとめの内、
編集自由設定になっていないものは、誰かからつぶやき削除依頼が来たとしてもそれに対応できない。
Twitterアカウントを削除する際はそのあたりも考慮に入れるべきでしたね。」

togetter.png
@Togetterログイン画面。Oauth認証を求められる


――最近では自身のボットでつぶやいていらっしゃるとかお聞きしています。Twitterから離れられていないなど、厳しい批判もなされていますけれど、どのように考えていらっしゃるのでしょう。
「ボットからつぶやいたのは……
アカウント削除前に会おうと約束をしていた方へ@を投げたのが1回と、
フォローフォロワーが0になった時に1回の、計2回ですね。
TLとガッツリ絡むなんてことしていないので、私の時間的負担はそこまでかかっていないのです。
そんなに目立ちますかね?
あるいはfoursquareとかmovapicなどのサービスのフィードが流れるようにしたことについて仰られているのでしょうか?
それについては私は『つぶやいていない』という認識です。
別のアプリケーションを利用しているだけであって、Twitter自体を利用しているわけではないですし。
『Twitterをする』とはどういう事なのか。
人それぞれの楽しみ方があると思いますが、自分の場合を申し上げさせていただきますと
何か自分がつぶやいてそれに対する反応があったり、
誰かのつぶやきを見ることでそれに反応をしたり、
所謂、双方向コミニュケーションがメインだと思うんです。
連携サービスの自動つぶやきが流れるのは、あくまで発信のみであって
醍醐味であるTLを読む作業を行っていないわけです。
フィードを流す範囲までは充分ボットの体をなしていると思いますけれど。
それ以前にボットを残した最大の理由として『やらかす』人がたまーにいて、
実はそういった方々を監視するという重要な危機管理上の問題があるんです。
最近も2人ほど『やらかした』方がいらっしゃったので……。
残念ながらエゴサーチは必須の作業となってますねぇ……
やめてしまいたいのですが。」


――foursquareのシャウトはもはやつぶやきなのではないかとの指摘もあります。
「しつこいですね……先程も申し上げたとおり、TLは全然見ていないので。
それでは逆にお聞きしたい。
ロボットが人間の心を理解できるようになって、
コードを超越して人格を持ったときに、あなたはそれを許容できないのでしょうか。
ロボットと人間との共存問題までフォロワーさんに考えさせるようなアクティビティとなっております」

――苦しいですね……しかしながら、TLを見ていないというのは嘘ではないでしょうか?数学問題ボットの空リプライ(※1)は注視していなければ到底出来たものではありませんよね?
「うっ……よく研究されていますね……
確かに、全く見ていないといえば嘘になりますね。
先程仰られた数学問題ボットの空リプライの件については、本当に偶然だったんですよね。
空き時間があったらチラッと眺める程度が、私とTwitterとのちょうど良い距離なんだと思います。
そんな空き時間にNさんがあんなことつぶやいているのを見かけたので、
鼓舞の目的でつい(笑)
あと実写アイコンになった方のアイコン保存は欠かせません。

――見てんじゃん。最後にもうひとつ。Twitterアカウントの復活はありますか!?
「一般人やら、相互フォロー推進委員会なる困ったちゃんクラスタやらが入り込んできて大分住みにくくなっていますよねー。
ただ、そういった方々と全く無縁の場所にアカウントを位置させることもできてしまうのがTwitterの魅力でもあると思います。
要するに自分好みのTLを作れば、『住みにくい』なんていう問題は解消されるわけですね。
しかしながら、世界最強のタイムキラーである、と私が勝手に思ってるだけですが(笑)
Twitterをまた本腰入れてやるかどうかは本当に分からないです。
空き時間にチラッと眺める程度のこの状態に満足してもいますしね。
こういう立ち位置もありなのではないかなと。
ただ最近、昔使用していたIDに代わるような良いIDをたくさん思いついたので、
思いついたものは思いついただけアカウントを新規取得して、予防線は張っているのですがね。
そのIDのうちいくつかをついろぐに登録したところ、
ついろぐ新規参加ユーザーなる欄をどなたかが見たらしく、アカウントがバレてしまったなんてこともありましたが……
あれには本当に驚かされましたね。
ハニー先輩見ただけでそれイコール私だという思考回路は改めたほうが良いと思います!(笑)
まぁ、あのー、つぶやくことはないのでフォローしても無駄だとお伝えしておきます……
それに、おそらく激流タイムラインを扱いこなせるような能力は低下していると思うのですよね。
Tweenの使い方も全然覚えていないし。
仮に再開したとしても、フォローをガンガンに増やすなんてことは決してないでしょうね、初めのうちは。
そもそも論として、消えた人の事なんて誰も憶えていないんですよ、きっと。」


――ありがとうございました。長い時間に渡りお疲れ様でした。この対談の模様は掲載しても宜しいでしょうか?
「何言ってるんですか。一体なんのために一人二役で対談形式の記事を書いてきたって言うんですか……
絶対に掲載するに決まっているでしょう。
こんなに長文の記事を書く事はもうないでしょうねぇ……」


――最後にネタばらししてしまうんですね……!分かりきっていたことだというのに。
「そこがC氏らしいといえばらしいでしょう。
この対談形式ブログ企画の他にも、Twitter上での私の誕生日である8月27日に、あ、今日ですかね?
1日だけTLにC氏復活!なんて企画も考えてましたけど、
もはや普段と変わらないっていう(笑)」


――即ボツでしたね。
「結果的にネット上での2年間をまとめられるような記事を書けてよかったですね。
自分自身もあまり把握していませんでしたし。
思い出に浸れましたね。」


――この記事を執筆し始めたのいつからでしたっけ……
「8月の後半はインターンシップで毎日働き詰めで、帰宅したあとにはクタクタで書く気が起きませんでしたよね。
管理ツールで確認したところ、7月30日からコツコツ書き始めていたみたいです。」


――1ヶ月にも渡る超大作……!
「完全に自己満足ですけどね(笑)
ブラッシュアップ期間はそれでも足りなかったので、
ところどころ文のつながりがおかしかったり、誤植があったり、日本語が変だったりしますがご容赦ください……
ホント、粗探しとかヤメテクダサイ……ヘコみますから!これ重要な!
ちなみに記事投稿した後で書き足すことも差っ引くことも考えられるからねっ!
でもまぁ、おそらくこんな下の部分まで読み進めている方なんて存在しませんよ(爆)
自分が必要だ、面白い、と思ったことを書き続けていけば、数字なんて自然とついてきますよ。
加地倫三さんもそうおっしゃってますしね。」


――今後も読者を引き離すくらいの勢いでやっていきましょう。
「そもそも読者なんていないですけどねっ!
毎日来てくれている50人くらいはGoogleのクロールbotだと信じてやみません。
数日前に一日に180人も訪問者があった日がありましたけれど、多分バグでしょうね。
このブログは我が道をただひたすら進むのみ。」


――それでは、本当にお疲れ様でした。最後に読者の方々に一言。
「はぁ、はぁ……。これは、真似するなよ……(エドワード・D・モリスン)(※2)
長々とお読みいただき、ありがとうございました!」


※1:C氏が管理運営しているボットに、数学問題ボットというものがある。普段は大学入試レベルの数学問題を自動でつぶやくようなボットなのだが、とあるユーザーに対して空リプライを投げるという珍事が起こった。そのつぶやきは数学問題ボット初の赤ふぁぼを獲得することになった。
※2:テイルズオブファンタジアをプレイすること。

テイルズオブファンタジア なりきりダンジョンX 特典 ドラマチックDVD ~テイルズオブコスチューム!?篇~付きテイルズオブファンタジア なりきりダンジョンX 特典 ドラマチックDVD ~テイルズオブコスチューム!?篇~付き
(2010/08/05)
Sony PSP

商品詳細を見る



↓↓↓↓クリックお願いします!↓↓↓↓

東大生ブログランキング

↑↑↑↑クリックありがとです!↑↑↑↑


スポンサーサイト

Comments: 6

lemp3 URL 2010-08-27 Fri 06:21:15

面白かった。
Twitterをやっているネットの向こう側の人を愛せるし絡んでいけるC氏はすごいと思う。人気者の風格っていうの?

あと誕生日おめでとうございます。

ロン URL 2010-08-27 Fri 13:15:14

そう言えば最近、垢banする人が増えてきたかも・・

あ!誕生日おめでとう!!w

チャンコ URL 2010-08-29 Sun 19:36:07

> 面白かった。

ほんとか……?

> Twitterをやっているネットの向こう側の人を愛せるし絡んでいけるC氏はすごいと思う。人気者の風格っていうの?

人気あったらTwitterだけでご飯食べていきたいくらいですよまったくもう

> あと誕生日おめでとうございます。
うん////ありがとー///

チャンコ URL 2010-08-29 Sun 19:36:52

> そう言えば最近、垢banする人が増えてきたかも・・

アカウントがbanされるとき、常にチャンコの影が……
なんてことないですから!
やってないですから!

> あ!誕生日おめでとう!!w
ありがとうございます><
ちなみに本当の誕生日は12月だからねっ///祝えよ///

長谷川守(@utasHM) URL 2010-08-30 Mon 01:16:07

アカウント削除はまさにドラマティックでした。ショックでした。
でも、いつか戻ってきてくれるって、信じてるからっ////////

チャンコ URL 2010-09-04 Sat 00:30:15

> アカウント削除はまさにドラマティックでした。ショックでした。
> でも、いつか戻ってきてくれるって、信じてるからっ////////
恥ずかしい///////

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://chuan1kou3.blog27.fc2.com/tb.php/53-e9e7c19f
Listed below are links to weblogs that reference
【Twitter登録2周年記念特別企画】とあるTwitter廃人の回想・後編 from 蟄居屏息

Home > Twitter > 【Twitter登録2周年記念特別企画】とあるTwitter廃人の回想・後編

タグクラウド
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。